ストーリー

Heritage, craftsmanship and more…

クラフトマンシップとサスティナビリティから生まれた伝統は、変わらないコト、デザイン、革新性に向けられます。
1983年以来、スタイルの変化はありましたが、我々の理念は変わらずに歩んでいます。ヘレンカミンスキーは、自然の美しさ、クラフトマンシップ、独創的で個性的な理念をもとに設立されました。

1983年、ブランド創設者のヘレン・マリー・カミンスキーは焼けつくようなオーストラリアの日差しから彼女の子ども達を守るためにラフィア・ハットを手作りしました。彼女の類いまれなデザインは、瞬く間にブティックで切望されるようになりました。そして最初の製品である「CLASSIC5」は、ヴォーグの編集者の目に留まり、小売店、お客様、スタイリストやセレブリティーへと話題になり、世界中に広まりました。


“私はキャンベラのマヌカにあるお店にいくつかの帽子を置いていきました。私たちが住んでいるガンダローの農場に帰る前にそれは売れてしまったそうです。ショップのオーナーは午後に5つも売れたわと言ってきました。それがすべての始まりでした。その年、ジュディー・ディビスは何点か購入し、それをヴォーグへ2、3ページ掲載したのです”

Helen Marie Kaminski

(左から)CLASSIC5の原型モデル、ヘレン・マリー・カミンスキー、良質のマダガスカル産ラフィアから作られたCLASSIC5

ヘレンは高品質でサスティナブルな天然素材を用いることに関心を持ち、世界中で最高級のラフィアの原生があるマダカスカルへと導かれました。ヘレンはマダガスカルで関係を育み、1985年にパートナーとマダガスカルにハンドメイドのワークショップを設立しました。1990年にはヘレンカミンスキーのコレクションは広がり、パプアニューギニアのバックからインスピレーションを得た最初のバック「SAC」が登場しました。1年後、ヘレンはオーストラリアのピクトンで帽子を製造していたジョン・ロックスバーグとキンバー・ダーリングに巡り合い、彼らと共に1993年にヘレンカミンスキーPTYとして設立されました。

才能・情熱をエネルギーに1993年にアメリカ、1996年に日本、2001年に韓国や台湾に華々しく進出していきました。また2004年には年間を通じてバックのコレクションも立ち上がり、2005年にはカミンスキーXYとしてメンズのヘッドウェアー・コレクションもスタートしました。

(左から)マダガスカルに生えるラフィア草、「SAC」バックコレクション、カミンスキーXY

2007年、ヘレン・マリー・カミンスキーはビジネスから退き、アメリカを拠点とするボールマン・ハット・カンパニーがブランドを買収しました。キンバー・ダーリングはマネージング・ダイレクターとしてブランドの地であるオーストラリア、シドニーでブランドのさらなる成功を導くために残りました。


“ヘレンカミンスキーの30年にわたるデザインの過程で、1シーズン1スタイル1カラーから年間を通じてたくさんのカラー、100を超えるスタイルを全世界に発信している”

Kimber Darling

(上)ヘレンカミンスキーPTY マネージング・ダイレクター キンバー・ダーリング

ヘレンカミンスキーは、デイビッド・ジョーンズ、ニーマン・マーカス、ブルーミングデールズ、ハーベィ・ニコルス、ハロッズ、ボン・マルシェ、伊勢丹や新世界など、世界中のラグジュアリー百貨店やブティックで取り扱われています。もちろん、ヘレンカミンスキーとカミンスキーXYはシドニー、東京、そして世界中の高級リゾート地にあるブランドストアでも展開されています。

「CLASSIC5」の発表以来、ヘレンカミンスキーとカミンスキーXYの製品は、世界中のセレブリティーに着用されています。ニコール・キッドマン、ジョン・ウー、アンジェリーナ・ジョリー、サルマ・ハエック、ローナン・キーティング、アマル・アマムディン、スティーヴン・タイラー、ヒラリー・クリントンなど多くのセレブリティーの名前が上がります。

オーストラリアの片田舎で生まれた、控えめでシンプルなラフィア・ハットは、オーセンティツクでスタイリッシュな革新的アクセサリーとブランド「ヘレンカミンスキー」として、国際的なリーディング・アクセサリーブランドとして成長しています。